ねじのプチっ知識 わ行編




●ワッシャーの役目

ねじ締結時に、ボルトなどの首下接地面(座面)が相手部材に対し陥没しないようにする作用があります。座面を広くすることにより、ちょうど雪の中を歩くかんじきのような役目をするわけです。ねじは、引っ張る力(軸力)が発生していないと緩みも発生しますし、力も発揮しません。座面の陥没は大敵です。その他、相手部材との馴染みを良くする効果もあります。